歯ぎしり・食いしばりについて|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

歯ぎしり・食いしばりについて

投稿日:2020年2月4日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは新宿KT歯科衛生士の中津川です。

今回は歯ぎしり、食いしばりについて。

歯ぎしりや食いしばりは、ストレスを解消するために行われていると言われていますが実ははっきりとした原因はわかっていません。

歯ぎしりや食いしばりは無意識に、普段の6倍以上の力が歯にかかるも言われてます。

このために歯が脆くなり、 

"歯周病の悪化"   "顎関節症"   "知覚過敏"

"被せ物の脱離"   "頭痛・肩こり"   "歯並びの変化"  等さまざまな悪影響を及ぼします。

また歯ぎしりはお子様にもよく見られますが、乳歯が永久歯に生え変わる時期に関係していることが多いといわれています。

歯で歯並びの位置を整えたり、顎の位置を決めるために一時的にしているものと考えられており、これは歯の生えかわりや骨の発育に必要なものでほとんどの場合自然に治ります。

歯ぎしりや食いしばりの予防には、

日中であれば意識してみたり、ストレスの発散を心がけてもらうことも大切です。

当院では実際に患者様のお口の中を拝見し、就寝時に装着するマウスピースを作製します。

デメリットとしては装着時に違和感があるため慣れが必要になります。

また根本的に改善するものではないので、

ストレス改善に心がけましょう。

 

トップへ戻る