出っ歯の歯科矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

出っ歯の歯科矯正治療例

出っ歯(上顎前突)の症状について

出っ歯(上顎前突)

上の前歯が前方に出ている場合や下の顎が後退していることで生じる歯列が「出っ歯」となります。正式には「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と言い、前歯の咬み合わせが悪く正常な咀嚼が困難なことや、衝突や転倒の際に前歯を損傷する可能性が高いのが特徴です。また、突出がひどい場合にはお顔の印象にも大きく影響するため、コンプレックスに感じる方も多い歯列です。以下では上顎前突の症状について詳しくご説明します。

前歯で噛めないことにより奥歯の喪失・顎関節症リスクを高める

奥歯の喪失・顎関節症前歯が咬み合ってないため、必然的に奥歯の使用頻度が高くなり、通常は前歯で行うことも奥歯が担うこととなり負担も大きくなります。そのような状態が日常的に行われていると当然ながら、奥歯を失うリスクを高めてしまいます。

奥歯はしっかり噛むために必要不可欠ですので、失ってしまうと正常な咀嚼が困難となり、顎骨への負担も大きくなることによって顎関節症などを引き起こす可能性が高くなってしまいます。

上顎前突(出っ歯)による虫歯・歯周病リスク

虫歯・歯周病私達の唾液には虫歯菌の酸によって溶け出した歯を修復する「再石灰化」や細菌の繁殖を抑えるなどの働きがあり、唾液の力によって口腔内の健康が保たれています。

しかし、上顎前突の方はお口を閉じることが難しく、就寝中などの無意識化で長時間お口が開いたままとなり、口腔内が乾燥してしまいます。そのため、唾液の働きが低下し、虫歯や歯周病、口臭など様々なリスクを高めることとなります。

事故(衝突・転倒)による前歯の破折リスクが高くなる

前歯の破折正常な歯列の方でも衝突や転倒によって前歯を損傷・破折することはありますが、上顎前突(出っ歯)の方は正常な歯列の方に比べ、約50%破折リスクが高いと言われています。

事故などで歯が折れた際には、状態にもよりますが神経を取り除かなければならないケースが多く、将来的な抜歯リスクを高めることになります。

※ひどい場合には抜歯となることもあります。

見た目(審美性の低下)や精神的負担

審美性の低下上顎前突(出っ歯)によって、口がポカンと開いたままだったり、人前で話したり、笑う際に口元を隠したりなど見た目の問題や精神面への悪影響が懸念されます。

上顎前突(出っ歯)の基本的な治療法

上顎前突(出っ歯)の基本的な治療法は、先ず歯を綺麗に並べていきます。歯は骨の中にある「歯根(しこん)」と歯肉より上にある「歯冠(しかん)」と言う2つの部位があります。矯正治療で歯を動かす際には、骨の中にある歯根は歯冠に比べ移動が遅いという特性があるため、2つの移動には時差が生まれます。

そのため、上顎前突の矯正中には一時的に症状がひどくなったようになることがほとんどです。しかし、歯冠と歯根の両方の動きをしっかり考慮することによって、前歯の傾斜や上唇の出具合を整え、最終的な仕上がりを綺麗にすることが出来ます。

出っ歯の矯正治療の期間と抜歯の関係

矯正の際、前方に突出した歯を後ろ側に移動させることとなる上顎前突では、スペースの関係上、高い確率で抜歯が必要となります。ですが、新宿KT歯科・矯正歯科では、矯正治療に伴う抜歯をできるだけ行わない方針で治療を進めておりますので、インプラントアンカーを使用した矯正法などで対応し、歯列の状態によっては抜歯をせず、さらに治療期間の短縮も見込めます。

個人差や抜歯の有無にもよりますが、出っ歯部分の改善にはおおよそ半年~1年半と治療期間は変動します。その後奥歯や前歯の咬み合わせ、歯列の調整に半年~1年要しますので、最終的な治療期間は約1年~2年半かかることになります。その後もリテーナー(保定装置)を使用して歯の後戻り防止を行っていただきます。

西新宿で出っ歯(上顎前突)治療をお考えの方はぜひ当院へ

出っ歯(上顎前突)治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、治療経験豊富な日本矯正歯科学会認定医が出っ歯(上顎前突)の矯正治療を担当致します。不安のない矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談を実施し、患者様の理解が深まるよう丁寧な説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿で出っ歯(上顎前突)の矯正治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

トップへ戻る