反対咬合の歯科矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

反対咬合の歯科矯正治療例

反対咬合(受け口・下顎前突)の症状について

反対咬合(受け口・下顎前突)

本来、正常な歯列では上顎が下顎よりも少し前に位置します。そのため、受け口などの歯列不正では下顎が前方に位置するため「反対咬合」とも呼ばれます。前歯が正常に咬み合わないため、咀嚼効率の低下をはじめ、顎に負担がかかりやすく骨や関節を痛めることが懸念されます。また、下顎が大きく横から見ると三日月のようになるため、見た目を気にされる方も多い歯列です。症状がひどい場合には発音障害も伴うため、出来るだけ早めの矯正治療をおすすめしています。

反対咬合(受け口・下顎前突)の原因について

遺伝

遺伝

下顎が大きい・上顎が小さいなどの骨格の形状によって反対咬合になっている場合には、遺伝の可能性が考えられます。

歯軸の傾斜

歯軸の傾斜

骨格のバランスに問題がない場合にも上顎の前歯が奥歯側に傾いていたり、下顎の前歯が前方に傾いているなど、歯軸の傾斜によって反対咬合になることもあります。

幼少期の癖

幼少期の癖

幼少期の顎を突き出す癖や、口呼吸の慢性化で無意識に舌が下顎の前歯や顎を前方に押している事などが原因で反対咬合になる場合があります。

反対咬合(受け口・下顎前突)によるリスクや弊害について

胃腸などに負担がかかる

反対咬合の程度にもよりますが、上下の歯がしっかり咬み合わないため正常な咀嚼が出来ません。咀嚼効率の低下によって、胃腸などの消化器官に大きな負担がかかります。

顎関節症リスクを高める

咬み合わせが悪いからと言って、必ずしも顎関節症になるというわけではありません。ですが反対咬合は咀嚼の際に、無意識に噛める状態に顎をずらしたり、奥歯の使用頻度が高くなるため正常な歯列に比べて、顎骨や顎関節への負担やストレスが大きなものになります。そのような理由から、顎関節症リスクが高くなると考えます。

コミュニケーションに支障がでる

反対咬合の状態は特にサ行の発音に障害が出やすいと言われています。また、滑舌も上手く出来ないことにより、円滑なコミュニケーションを行えない場合があります。

反対咬合の基本的な治療法について

反対咬合には、通常の矯正治療で改善が見込める症状と外科的処置が必要となる症状の2つがあります。

「歯槽性反対咬合」

前歯の傾斜が原因で起こる「歯槽性反対咬合」は、通常の矯正治療と同じように適切な装置を使用して、上顎の前歯や下顎の前歯の傾斜を正すことで歯列、咬み合わせの改善を図ります。叢生などの歯列不正を伴っている場合もあるため、およそ1年半~2年半程治療期間を要します。治療後も保定装置を使用して、後戻りを防止します。

「骨格性反対咬合」

下顎全体が前方に出ている「骨格性反対咬合」の場合には、歯の移動だけでは根本的な改善ができないため、外科的処置を伴う矯正治療が必要となります。

外科的矯正治療の利点

  • 骨へのアプローチにより歯に負担をかけずに根本的な改善が可能。
  • 骨格から問題を解決することによって、下顎の見た目も綺麗に改善される。
  • 保険で矯正治療が可能。

外科的矯正治療の問題

  • 全身麻酔を施しての大掛かりな手術となるため、術後の経過観察なども含め3~4週間程治療期間が必要となる。(そのうち入院は約10日間)
  • 下顎の神経障害に伴う下唇や顎の尖端部分の感覚麻痺リスクが高くなる。
上記のような問題があり、特に社会人の方は長期の休みを取ることが難しく、これまで外科的矯正を行えない方も多数いらっしゃいました。しかし、昨今では程度によって矯正用インプラントアンカーを用いた矯正で改善出来るようになり、以前に比べると身近な治療になったと言えます。

西新宿で反対咬合(受け口・下顎前突)治療をお考えの方は当院へ

反対咬合(受け口・下顎前突)治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、治療経験豊富な日本矯正歯科学会認定医が反対咬合(受け口・下顎前突)治療を担当致します。不安のない矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談では患者様の理解が深まるよう丁寧な説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿で反対咬合(受け口・下顎前突)治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

トップへ戻る