スピード矯正|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医在籍

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

スピード矯正

スピード矯正による矯正治療期間の短縮について

スピード矯正

一般的な矯正治療法では治療開始時の歯列なども関係しますが、およそ1年半~3年程の治療期間が必要となります。改善までに長時間を要するため、矯正治療の悩みの一つでもあります。そこで当院では矯正治療の所要期間をおよそ10%~60%短縮が見込める「スピード矯正」も実施可能です。患者様のご希望や歯列を考慮した上で、適切な方法をご提案致します。※治療開始時の歯列や治療計画によって、多少の変動がございます。

スピード矯正治療に用いられる3つの治療法

オルソパルス(加速矯正治療)※インビザライン装置限定

オルソパルスマウスピース型矯正装置インビザラインと併用してオルソパルスを1日10分間お口に装着することで、インビザラインのマウスピースの交換日数を短縮することが可能となります。

通常の治療法では1週間~10日ごとに新しいマウスピース交換となりますが、オルソパルスを用いた加速矯正治療では最短で3日の交換となります。個人差はありますが、大幅な治療期間の短縮が見込める方法となります。

近赤外線による細胞活性化により歯の移動がスムーズに!

オルソパルスが発する近赤外線により、細胞が活性化する「フォトバイオモジュレーション」効果を歯の周辺組織や顎骨に付与することができます。歯の周辺組織の細胞の活性化によって、骨の再生が促進され、スムーズな歯の移動が可能となります。フォトバイオモジュレーションは医療の分野では長い歴史があり、安全性や効果についても証明されており、オルソパルスはFDA(アメリカ食品医薬品局)にも認証されています。

矯正用インプラントによる短縮法

矯正用インプラント生体親和性の高いチタン製の矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)を使用して歯を動かす方法です。人工歯根を支点に歯を引っ張るため、矯正効率が高く、歯の移動がスムーズに行えます。

さらに、抜歯も最小限に抑えることができるため、おすすめの短縮治療法です。

コルチコトミー法(促進矯正法)

コルチコトミー法コルチコトミー法とは皮質骨と呼ばれる歯を支える固い顎骨の一部を除去することによって、歯の可動域の拡大と移動時の抵抗を軽減します。また、骨は回復と共により強固となる性質があるため、矯正治療後の後戻りの軽減や歯の安定が期待出来ます。

さらに、矯正治療のリスクとされる歯根の吸収や歯肉の退縮も抑えることが可能な方法です。手術は一時間程で終わり、術後に多少の痛みや腫れを伴う場合もありますが、その日のうちに帰宅できます。

スピード矯正治療の特徴(メリット・デメリット)

スピード矯正のメリット

スピード矯正のデメリット

スピード矯正治療の制限はあるの?

スピード矯正治療には基本的に制限などなく、どなたでも治療が可能です。しかし、妊娠中の方にはレントゲン撮影・麻酔注射などを控えなければなりませんので、妊娠中の方でスピード矯正をお考えの場合には、必ず事前にご相談下さい。

西新宿で短い期間での歯並びの改善をお考えの方はぜひ当院へ

スピード矯正治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医師が矯正治療期間の短縮が見込めるスピード矯正治療を担当致します。出来るだけ不安のない矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談を実施して、患者様の理解が深まるよう丁寧な説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿で出来るだけ短期間での矯正治療をご希望の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

トップへ戻る