過蓋咬合の歯科矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

過蓋咬合の歯科矯正治療例

過蓋咬合(深い咬み合わせ)の症状について

過蓋咬合(深い咬み合わせ)

上下の奥歯を咬み合わせた際、上の前歯が下の歯を覆うほど咬み合わせが深い状態を過蓋咬合(かがいこうごう)と言います。ディープバイトやクローズドバイトとも呼ばれ、下の歯が上の歯茎を傷つけたり、顎の筋肉や骨に負担がかかることによって「顎関節症」のリスクを高めてしまいます。また、咬み合わせが合っていないため、お口の乾燥などによって虫歯や歯周病リスクも高くなる傾向があります。

過蓋咬合の原因について

過蓋咬合の原因については顎骨の大きさや位置をはじめ、前歯が長すぎたり、逆に奥歯の高さが足りないなど、遺伝による顎骨・歯の異常が主な原因となります。遺伝以外にも虫歯や歯周病で奥歯を失ったままの状態で放置し、咬み合わせが低くなることや頬杖や強い食いしばりなどが原因で過蓋咬合になる場合もあります。

過蓋咬合による顎関節症リスク

顎関節症過蓋咬合は上の歯が下の歯に深く咬み合わさっているため、下顎の可動域が極端に狭くなり、咀嚼やお口の開閉がスムーズに行えません。このような状態を日常的に繰り返していると、顎骨に大きな負担がかかり、お口が大きく開けづらくなったり、開口時に顎骨が鳴ったり、痛みを伴うなどの「顎関節症」を発症する可能性が高くなります。顎関節症は重症化すると開口障害だけに留まらず、身体に様々な悪影響があると言われていますので早めの治療をおすすめ致します。

過蓋咬合によるガミースマイル

ガミースマイル過蓋咬合は、上の歯が下の歯に深く被さっている状態のため、笑った時に歯茎の大部分が見える「ガミースマイル」になる可能性が高くなります。笑った時に歯茎の露出が大きく、コンプレックスとなることも多い症状です。ガミースマイルは不正歯列をはじめ、歯茎や歯の異常など様々な理由が重なることで生じます。原因が歯列や咬み合わせの不調和による場合には、条件が揃えば矯正治療で改善できる可能性もあります。

過蓋咬合の基本的な治療法

奥歯を高くする

奥歯の咬み合わせが低い場合には、歯を上に引っ張り上げて高さを獲得することで、前歯の咬み合わせを正常な位置へと誘導します。

前歯を歯茎に押し込む

咬み合わせが深い上下の前歯を歯茎側に押し込む「圧下」という矯正法を用いて治療を行います。垂直に歯を押し込むため、インプラントアンカーを使用して丁寧に移動して行きます。「圧下」は矯正治療の中でも難易度が高く、時間を要する方法なため、少しずつ調整を行いながら治療を進めて行きます。ガミースマイルなどはこの方法で改善される場合もあります。

前歯を傾けて圧下させる

下の前歯が内側に押し込まれる形の過蓋咬合では、垂直的に圧下させる方法ではなく、前歯を前方に傾かせて改善を図ります。傾斜させると前方に歯が出るため、上顎前歯ではほとんど行うことはなく、主に下前歯の改善に有効な方法となります。

過蓋咬合の矯正治療期間について

過蓋咬合の矯正治療は圧下などの方法を用いることや、他の不正咬合との複合、抜歯の有無によって多少期間は異なりますが、比較的治療期間は長くなる傾向があります。様々な理由により、個人差はありますが、およそ2~2年半程かかるのが一般的です。矯正治療後は歯の後戻りを防ぐため、保定装置をつけて歯の固定を行います。

西新宿で過蓋咬合(深い咬み合わせ)治療をお考えの方はぜひ当院へ

過蓋咬合(深い咬み合わせ)治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、治療経験豊富な日本矯正歯科学会認定医が過蓋咬合(深い咬み合わせ)治療を担当致します。不安の少ない快適な矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談では患者様の理解が深まるよう丁寧な説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿で過蓋咬合(深い咬み合わせ)治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

トップへ戻る