開咬の歯科矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医在籍

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

開咬の歯科矯正治療例

開咬(前歯が咬み合わない)の症状について

開咬(前歯が咬み合わない)

奥歯を咬み合わせた状態で前歯が正常に咬み合わず、開いた状態の歯列を「開咬(かいこう)」と言います。オープンバイトとも呼ばれ、前歯がしっかり咬み合わないので適切な咀嚼が行えず、顎骨や顎関節、消化器官などに大きな負担がかかります。さらに、正確な発音や滑舌が行えずコミュニケーションに悪影響が生じたり、口が開いたままという見た目からコンプレックスに感じる方も多い歯列です。

開咬の原因について

幼少期の悪癖

幼少期の悪癖

幼少期に無意識に行っていた癖によって、開咬になる場合があります。具体的には前歯に押し当てながらの指しゃぶりや、頬杖、舌や唇を歯で噛んだりなどの悪癖によって少しずつ歯列が乱れ不正咬合となります。

口呼吸の習慣化

口呼吸の習慣化

鼻詰まりなどが原因で鼻呼吸が正常に行えず、口呼吸が習慣化してしまうとお口周りの筋機能のバランスが乱れ、開咬になるリスクが高くなります。

遺伝によるもの

遺伝

遺伝による特徴的な顎の形状など、骨格的要因で開咬になることも少なくありません。ご家族(両親・祖父母)に開咬の方がいる場合には、遺伝が原因となることも可能性としてはあります。

開咬によるリスクについて

顎骨・顎関節を痛める

前歯で咀嚼が出来ないため、必然的に奥歯の使用頻度が高くなります。そのため負担が大きくなり、顎骨や顎関節を痛めてしまいます。

消化器官への負担が大きくなる

食べ物を細かく噛みちぎったり、奥歯で硬い物を噛み砕けないなど、咀嚼効率が低下します。そのため、食べ物を上手く飲み込めない嚥下障害や咀嚼が十分に行われていない食べ物により消化器官に大きな負担がかかる胃腸障害などを引き起こします。

コミュニケーションに支障がでる

前歯に隙間が開いている状態のため、発音障害や滑舌が上手く行えずコミュニケーションに支障が出る場合があります。

虫歯・歯周病リスクを高める

慢性的な口腔内の乾燥によって唾液の分泌が阻害されるため、虫歯や歯周病などの罹患リスクを高めてしまいます。

ウィルス性疾患の罹患リスク

口呼吸によってウィルス性(風邪・インフルエンザなど)疾患に罹りやすくなります。

開咬の治療が難しい理由について

開咬は歯列を整えても根本原因である悪癖が改善されなければ、長期安定は望めません。そういった理由から開咬の治療には矯正装置を使用した機械的なアプローチに加え、長年染み付いた癖の改善が必要不可欠となります。しかし、幼少期からの癖を改善する事は容易ではないため、治療期間も比較的長くなる傾向があり、さらに治療後の後戻りも多い歯列とされています。※他の不正歯列に比べ、開咬は環境要因が非常に強く影響すると言われています。

開咬の基本的な治療法

開咬の基本的な治療法は矯正装置による歯の移動に加え、悪癖の改善を促す「筋機能療法」を同時に行い、舌や唇の動きや位置を正して行きます。筋機能療法で開咬の根本的要因を解消することによって治療後の長期安定が可能となるため、意識を高く持ち根気よく行う事が重要です。

開咬の歯列矯正治療期間について

開咬の方は叢生や上顎前突などの症状と複合している場合が多いことや、悪癖などの環境要因の改善に時間を要するため、およそ2~2年半と比較的治療期間が長くなります。治療後は歯の後戻り防止のため、保定装置による歯の保定を実施します。※悪癖の改善が見られない場合には、治療期間が半年~1年程延びる場合がございます。

西新宿で開咬(前歯が咬み合わない)治療をお考えの方はぜひ当院へ

開咬(前歯が咬み合わない)治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医師が開咬(前歯が咬み合わない)の矯正治療を担当致します。不安のない矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談を実施し、患者様の理解が深まるよう丁寧な説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿で開咬(前歯が咬み合わない)の矯正治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

トップへ戻る