八重歯・叢生の歯科矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医在籍

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

八重歯・叢生の歯科矯正治療例

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の症状について

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)

八重歯や歯並びがバラバラな状態は「叢生(そうせい)」と呼ばれる歯列に分類されます。乱杭歯とも呼ばれ、歯のサイズと土台となる顎骨のサイズが合ってない事が原因で生じます。矯正治療を希望される方の中で1番多い歯列不正がこの叢生です。歯が重なって生えたり、デコボコな歯並びなため、食べ物のカスが挟まったり、歯磨きの際にも隅々まで綺麗にすることが困難となります。また、見た目も悪いため、コンプレックスになり、人前でしゃべったり、笑ったりすることができないと言う方も少なくありません。

八重歯・叢生は虫歯になりやすい

虫歯八重歯は歯が重なりあったり、様々な向きに生えているため、食べ物が挟まりやすい上に、歯磨きが適切に行えず、その結果虫歯の罹患リスクを高めてしまいます。

適切なケアが出来ないと言うことは悪化する可能性も必然と高くなるということですので、歯科医院での治療が長引く要因にもなります。

八重歯・叢生は歯周病になりやすい

歯周病八重歯・叢生はセルフケアが適切に行えないため、虫歯同様に歯周病にもなりやすくなります。歯周病は成人が歯を失う1番の原因ですので、歯周病になりやすくなるということは将来的な抜歯リスクを高めることになります。

さらに、最近では研究により歯周病はお口の中だけの問題ではなく歯周病菌が血液によって全身を巡ることで、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、早産、低体重出産などとの関係が深いと言われているため、より一層の注意が必要です。

審美障害(見た目の問題)

見た目叢生・八重歯の改善理由で1番多い理由がやはり見た目の問題です。叢生には様々な歯並びが存在しますが、その中でも特に八重歯は、日本人の中でも昔からポジティブなイメージが定着しており、「チャームポイント」としている方も多くいらっしゃいます。ですが、それは日本だけの話です。

歯並びがステータスの一つである歯科先進国などでは、子供の頃から歯並びには人一倍気を使い、歯並びをよくするのは親の義務とさえ言われています。

そのため、海外の人から見た大人の八重歯は、「自己管理ができてない」「親の義務がはたされていない」などのネガティブなイメージとなり、場合によっては拒絶されることさえあります。さらに、見た目を気にするばかり、人前でしゃべれなくなったり、笑う時にうつむいたりなど感情表現に自信が持てなくなるという問題もあります。

八重歯・叢生の基本的な治療法

叢生・八重歯の矯正治療では、歯を正常な位置に並べていくことから始めます。比較的症状が重度な場合には側面の歯を整える工程を挟み、前歯の移動に必要なスペースを獲得した後に前歯を移動させます。叢生・八重歯は小さな顎に大きな歯が生え揃う不調和が原因ですので、スペースを確保することが難しく、抜歯が必要となることが多くあります。

それでも、遠心移動や歯の両側面を少しずつ削るIPRなどを用いて、できるだけ歯を抜かずに治療が行えるように努めています。また、インプラントを使用した矯正では非抜歯に加え、治療期間の短縮も見込めるため、通常は約1年半~2年半かかるところを、1年以内で終えられる可能性が高くなります。その後は、リテーナーを使用して後戻り防止の保定を行います。

西新宿で八重歯・叢生治療をお考えの方は無料相談へ

八重歯・叢生治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医師が八重歯・叢生治療を担当致します。出来るかぎり不安のない矯正治療を始めていただけるよう、無料矯正相談やセカンドオピニオンも実施しております。新宿区西新宿で八重歯・叢生治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

トップへ戻る