すきっ歯の歯科矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医在籍

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

すきっ歯の歯科矯正治療例

すきっ歯(空隙歯列・正中離開)の症状について

すきっ歯(空隙歯列・正中離開)

すきっ歯とは歯と歯の間が離れて隙間が出来ている歯列で、前歯の真ん中が離れている状態を「正中離開(せいちゅうりかい)」、奥歯や全体的に隙間がある状態を「空隙歯列(くうげきしれつ)」と呼びます。歯と歯の間に食べ物が挟まりやすく、虫歯や歯周病リスクを高めます。さらに審美性の低さや発音への悪影響など問題の多い歯列です。

すきっ歯の原因について

歯の数が少ない【欠損歯】

欠損歯

生まれつき歯の数が少ない場合には、顎骨のスペースが余ることによって隙間が生じやすくなります。

歯の数が多い【過剰歯】

過剰歯

生まれつき歯の数が多い過剰歯は、歯と歯の間に埋まった状態になることが多く、埋まった歯が邪魔となるため、歯間に隙間ができやすくなります。

歯のサイズが小さい

サイズが小さい

歯の土台となる顎骨に対して、歯のサイズが小さい場合にもスペースが多く余ってしまい、隙間が生じやすくなります。

上唇小帯の異常

上唇小帯

唇と歯茎を繋ぐ筋(上唇小帯)は成長するにつれて、小さく短くなっていきますが、正常な後退をしない場合に前歯の隙間に筋が達し、すきっ歯の原因となることがあります。

悪癖(指しゃぶりなど)の影響

悪癖

幼少期の指しゃぶりをはじめ、無意識で歯を舌で押していたり、歯の間に舌を当てるなどの癖によって少しずつ歯に隙間が生じる場合もあります。

歯周病

歯周病

歯周病によって歯茎の炎症や歯を支える骨が溶けてしまった際、歯の動揺が激しくなることにより、歯と歯の間に隙間が生じやすくなります。

すきっ歯は一部の歯に負担がかかる!

すきっ歯のようにとなりの歯と間が空いている状態では、咀嚼の際に噛む力が分散出来ないため、歯にかかる負担が大きくなります。この状態が続くと歯周組織や顎骨、歯根膜を傷つける「咬合性外傷」を引き起こします。咬合性外傷は、慢性的な痛みや歯周病症状の悪化、さらに歯が抜けるなど様々な悪影響を及ぼしますので注意が必要です。

すきっ歯の基本的な治療法

すきっ歯の基本的な治療法は原因によって様々です。生まれつき歯の数が多い過剰歯や上唇小帯の異常などの場合には、まず外科処置によって根本原因を解消します。歯周病によって、歯列が乱れている場合には歯周病症状を改善しながら、矯正治療のタイミングなどを担当の歯科医師と相談しながら検討します。また、指しゃぶりなどの悪い癖が原因の場合には、筋機能療法で癖を改善しながら、少しずつ歯列を整えて行きます。それぞれの原因が改善された後に、上顎、下顎の状態を確認しながら丁寧に歯を移動させ、歯列を整えていきます。

すきっ歯の治療期間

口腔内の状態や原因にもよりますが、すきっ歯(空隙歯列)の歯列矯正は、ほとんど抜歯を行わずに治療が可能なため約1~1年半と比較的短い治療期間となります。矯正治療後は後戻り防止のため、保定装置(リテーナー)を装着して歯並びの固定を行います。

西新宿ですきっ歯(空隙歯列・正中離開)の治療は当院へ

すきっ歯(空隙歯列・正中離開)治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医師がすきっ歯(空隙歯列・正中離開)治療を担当致します。理解を深めて矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談を実施し、丁寧な治療説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿ですきっ歯(空隙歯列・正中離開)治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

トップへ戻る