子供の出っ歯の矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

子供の出っ歯の矯正治療例

子供の出っ歯(上顎前突)の症状について

出っ歯(上顎前突)

出っ歯は上顎前突と呼ばれる歯列不正です。上顎の前歯が前方に傾いていたり、下顎が喉側に後退していることで前歯が出ている状態です。成長段階のお子様の矯正治療は、歯の移動はもちろんですが、将来的な歯列を考慮して土台となる顎骨の発育のサポートと顎の位置を整える治療がメインとなります。お子様の出っ歯が気になる場合には、一度矯正歯科にて診断・相談をおすすめします。

出っ歯の状態と原因について

出っ歯

①上顎の前歯が前方に出ている状態

②上顎が前方に出ている状態

③下顎の前歯が後ろに下がっている状態

④下顎が後方に下がっている状態

主に上記4つの状態によって、出っ歯(上顎前突)になります。このような顎骨や歯の状態になる原因の一つに遺伝があり、全体のおよそ30%程と言われています。また、指しゃぶりや爪を噛むなどの癖、間違った舌の位置など後天的な要因によって、出っ歯になる場合もあります。

受け口(下の歯が出ている状態)などの歯列に比べると治療を急ぐ必要はありませんが、①と④の症状に関しては、小児のうちに改善をおすすめしております。理由としては、歯が前方に出ている①の状態は、衝突や転倒などによって歯を損傷するリスクが非常に高いためです。また、④の状態に関しては、顎骨の正常な成長を促す小児矯正が非常に適しているためです。

子供の出っ歯(上顎前突)矯正治療の開始時期について

顎の成長や発育は上顎と下顎で時期が異なるため、子供の出っ歯の矯正治療は2段階に分けられることがほとんどです。個人差は多少ありますが、上顎はおよそ8~9歳で9割完成し、下顎は10~12歳頃の思春期(二次性徴)に身体の成長と共に大きく発達します。そのため、この時期を逃してしまうと大きな成果を得ることが難しくなります。そういった理由から当院では、7歳~9歳頃までに治療を開始することをおすすめしています。

小児時期に出っ歯を矯正しなかった場合に想定される問題

小児時期に出っ歯を改善しなかった場合には、大人になって矯正をする際に抜歯を伴う可能性が非常に高くなります。また、小児時期に前歯を損傷して治療を行っている場合には、成人矯正治療後に新しい被せ物の作成が必要となることもございます。口腔内の状態によっては費用が余分にかかったり、抜歯リスクも高くなるため、出来れば小児の時期に改善することをおすすめします。

子供の出っ歯(上顎前突)の基本的な治療法について

小児の歯列は叢生(デコボコな歯並び)なども複合している場合が多いため、叢生の状態も診ながら出っ歯の改善を行います。虫歯リスクを抑えるため取外し可能な装置を使用して、顎を正常な成長・位置へと誘導します。歯並びの度合いにもよりますが、装置の装着も就寝時やご自宅のみと限定的なため、負担を抑えることが出来ます。小児矯正治療の終了目安としては、乳歯が抜けて12歳臼歯が生える第二次性徴が終わる頃となります。

※症例によっては、装置の使用時間が長くなる場合もございます。

西新宿で子供の出っ歯(上顎前突)の矯正治療をお考えの方は当院へ

子供の出っ歯(上顎前突)の矯正治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、治療経験豊富な日本矯正歯科学会認定医が子供の出っ歯(上顎前突)の矯正治療を担当致します。お子様にも安心して矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談を実施し、理解が深まる丁寧な説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿で出っ歯(上顎前突)の矯正治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

トップへ戻る