子供の反対咬合の矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

子供の反対咬合の矯正治療例

子供の反対咬合(受け口)の症状について

反対咬合(受け口)

受け口は下顎の前歯が前方に傾いていたり、下顎が全体的に前に位置している状態です。通常、咬み合わせは上の歯が下の歯よりも少し前にある状態が正常なため、「反対咬合」とも呼ばれ、将来的に顔貌に大きく影響が出る歯列です。3歳児健診ではおよそ4~5%の子供がこの反対咬合と診断されますが、歯の生え変わりや顎骨の成長に伴い、自然に改善されるケースもあるため、口腔内の状態や時期によっては経過を見る場合もございます。

骨格の問題によって症状がひどい場合においては早めの矯正治療が有効なこともあるため、お子様の反対咬合(受け口)が気になる場合には、一度矯正歯科にて診断・相談をおすすめします。

受け口(反対咬合)の状態と原因について

受け口

①下顎の前歯が前方に出ている状態

②下顎が前方に位置している状態

③上顎の前歯が後ろに下がっている状態

④上顎が後方に位置している状態

主に上記4つの状態によって、反対咬合(受け口)になります。このような顎骨や歯の状態になる原因として遺伝をはじめ、幼少期の指しゃぶり・頬杖・舌で継続的に歯を押すなどの悪癖が挙げられます。また、慢性的な口呼吸の状態では正常な舌の位置が保てず、口腔内のバランスが崩れ、反対咬合(受け口)のリスクを高めてしまいます。

子供の反対咬合(受け口)矯正治療の開始時期について

反対咬合(受け口)の矯正治療は、成長に伴う改善が見込めない場合や早期の治療が必要な場合には5歳~7歳位の早い段階での治療開始をご提案しています。早い段階で始めることで、症例によっては比較的時間がかからずに改善できることや、負担の少ない装置で治療が実施可能となります。また顎骨に問題がある場合では、成長を利用することでよりスムーズな矯正治療が行えますので、上顎の発育が90%完了する8~9歳位の時期に合わせて行うとより効果的です。

小児時期に反対咬合(受け口)を矯正しなかった場合に想定される問題

小児時期に反対咬合(受け口)を改善しなかった場合には、症状が悪化して下顎の肥大(しゃくれ)による顔貌の乱れが問題となります。成人矯正でも改善は可能ですが、外科的な処置を伴う可能性が非常に高く負担も大きくなるため、できるだけ小児時期での改善をおすすめしております。

子供の反対咬合(受け口)の基本的な治療法について

反対咬合の治療では顎骨の位置や歯の大きさなどから、適切な治療法、矯正装置を選定します。症例によっては固定式の装置を使用する場合もありますが、基本的には取り外しが可能な装置を使用して、根本原因の改善を図ります。他の歯列不正同様に叢生なども複合している場合がありますので、そちらの改善も並行して行います。治療の終了時期は個人差や歯列の改善具合にもよりますが、永久歯の奥歯が生える第二次性徴が終わった頃が目安となります。

西新宿で子供の反対咬合(受け口)の矯正治療をお考えの方は当院へ

子供の反対咬合(受け口)の矯正治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、治療経験豊富な日本矯正歯科学会認定医が子供の反対咬合(受け口)の矯正治療を担当致します。不安のない矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談を実施し、患者様の理解が深まるよう丁寧な説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿で反対咬合(受け口)の矯正治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

トップへ戻る