子供の八重歯・叢生の矯正治療例|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医在籍

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

子供の八重歯・叢生の矯正治療例

子供の八重歯・叢生の症状について

子供の八重歯・叢生の症状

歯が重なって生えたり、でこぼこな歯並びなどの八重歯や乱杭歯は「叢生(そうせい)」と呼ばれ、矯正治療が必要な代表的な症例です。歯の大きさと顎骨の大きさが合わず、スペースが足りないことで歯並びが乱れます。乳歯の頃は綺麗に収まっていた歯も、大きな永久歯に生え変わる際、スペースが足りずに叢生になる場合もあります。昨今では食べ物の軟化などが理由で顎が小さくなっているため、矯正治療を行うお子様が増えています。

八重歯・叢生の原因について

八重歯・叢生

①土台となる顎骨が小さい

②顎骨に対して歯が大きい

③乳歯を早い時期に失って歯が移動した

④慢性的な口呼吸

⑤咬み合わせの不調和

上記の5つなどが主な原因となり、歯が綺麗に収まらず歯並びが乱れてしまいます。特に口呼吸は正常な顎骨の成長を阻害するものとなりますので、早い段階での改善を行うことで矯正治療をスムーズに行うことが可能となります。

※叢生は他の不正歯列と複合することが多いため、症例によっては治療期間が長引くこととなります。

子供の叢生・八重歯の矯正治療の開始時期について

子供の叢生・八重歯の矯正治療には、一般的に取り外し可能な矯正装置を使用しますので、お子様自身が管理できる6歳以降がおすすめです。この時期はちょうど乳歯が抜け、永久歯が生え始める時期でもあるため、しっかり管理することである程度の改善が見込めます。注意点としては、生えたばかりの永久歯は未成熟ですので、虫歯になりやすく、進行も早いので歯磨きをしっかり行っていただくことが重要です。そういったリスクも考慮して症状がひどい場合を除き、できるだけケアが行いやすい取外し可能な装置での治療をご提案しています。

小児時期に叢生・八重歯を矯正しなかった場合に想定される問題

小児時期に叢生・八重歯を改善しなかった場合には、適切なケアが行えないことによる虫歯・歯周病リスクを高めます。さらに、咬み合わせにも問題がありますので咀嚼効率の低下や、顎骨への負担、歯の欠けなど様々な悪影響が予想されます。大人になってからでも改善は可能ですが、成人矯正を行う場合には抜歯を伴う可能性が高くなりますので、出来るだけ早いうちに改善することをおすすめしています。

子供の叢生・八重歯の基本的な治療法について

子供の叢生・八重歯の基本的な治療法については、これから生える永久歯が綺麗に並ぶように取り外し可能な矯正装置を用いて顎骨を広げて行きます。その際、顎骨の正常な発達を阻害する口呼吸や悪癖も同時に改善して行きます。

西新宿で子供の叢生・八重歯の矯正治療をお考えの方は無料相談へ

子供の叢生・八重歯の矯正治療

新宿KT歯科・矯正歯科では、日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医師が子供の叢生・八重歯の矯正治療を担当致します。不安のない矯正治療を受けていただけるよう、無料矯正相談を実施し、患者様の理解が深まるよう丁寧な説明を心がけております。また、セカンドオピニオンも行っておりますので、新宿区西新宿で叢生・八重歯の矯正治療をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

トップへ戻る