マウスピース矯正(インビザライン)|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

マウスピース矯正(インビザライン)

新宿KT歯科・矯正歯科がおすすめするインビザライン矯正治療

インビザライン矯正

新宿KT歯科・矯正歯科では世界中で約500万人の方が行っている「インビザライン」というマウスピース型矯正装置を用いた矯正治療をおすすめしております。透明な装置ですので、審美性も非常に高く、快適に歯列の改善が行えます。当院では日本矯正歯科学会所属の歯科医師が患者様のお口の状態とご要望などを考慮し、適切な治療計画をご提案致します。無料矯正相談も実施しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

矯正をより身近にしたマウスピース型矯正装置「インビザライン」

従来の矯正装置は金属の留め具(ブラケット)とワイヤーを用いて歯列を整えていくため、審美性の低さから、矯正治療を躊躇う方も大勢いらっしゃいました。そのような方々にも、抵抗なく歯列矯正を始めていただけるよう、当院では目立たないマウスピース型矯正装置「インビザライン」での治療も実施可能となっております。以下では当院おすすめのインビザライン矯正装置の特徴を簡単にご説明致します。

取り外しが可能

取り外しが可能

マウスピース型の矯正装置ですので、ご自身で取り外しが可能です。そのため食事や歯磨きの際もストレスを感じることはありません。※装着時間はしっかり守りましょう。

審美性が高い

審美性が高い

矯正治療に使用するマウスピースは透明で薄いため、装着していてもほとんど気づかれることがありません。接客業など、人前に出る事が多い職業の方にもおすすめです。

通院が少ない

通院が少ない

インビザライン矯正は1~2週間を目安に患者様自身で次のマウスピースに交換を行うため、通院回数が少ないという特徴があります。歯の移動のチェックだけでいいため、1.5~3ヶ月に一度の通院でOKです。

アレルギーの心配がない

アレルギーの心配がない

一般的な矯正装置はワイヤーや留め具(ブラケット)に金属を使用しますが、インビザラインはポリウレタン製ですので金属アレルギーの方も安心して、治療に専念いただけます。

シミュレーションが出来る

治療前に専用ソフトを使用して3Dシミュレーションが可能です。歯の動きや治療後の歯列の状態を確認する事が出来ますので、モチベーションを高く維持していただけます。

痛みや違和感が少ない

痛みや違和感が少ない

矯正治療は歯に継続的に力を加えて移動させるため、痛みや違和感が生じる場合がございます。しかし、インビザラインは一度の移動が小さいため、一般的な装置に比べて痛みや違和感が少ないと言えます。

ケガなどのリスクがない

ケガなどのリスクがない

インビザラインは樹脂性の装置を使用するため、装着時の衝突や転倒などによるケガのリスクがほとんどありません。また、装置は簡単にはずせますので、スポーツなども安心して楽しんでいただけます。

会話がしやすい

会話がしやすい

マウスピースの厚さがおよそ0.5㎜と薄いため、装着時の違和感が軽減されます。そのため、一般的な矯正装置に比べ、発音や滑舌に影響が出にくい矯正法と言えます。

様々な歯列に対応可能

様々な歯列に対応

一部対応が難しい歯列もありますが、基本的には部分矯正から全顎矯正まで幅広い歯列の改善が可能です。※ワイヤー矯正などの方法を併用することによって、単体では無理な歯列も対応することができます。

インビザライン矯正装置の留意点

非抜歯矯正をご希望ならインビザライン矯正がおすすめです

非抜歯矯正

新宿KT歯科・矯正歯科では患者様の大切な歯を出来るだけ維持していただけるよう、「非抜歯矯正」を心がけております。全ての症例に対して適応出来るわけではありませんが、インビザライン矯正と以下の2つの方法を用いる事で歯の移動に必要なスペースを獲得し、出来るだけ歯を抜かない歯列の改善に努めております。

遠心移動による抜歯の回避

遠心移動歯を現在の位置より、少しずつ奥に移動させる「遠心移動」によって、矯正が円滑に行えるスペースを得ることができます。遠心移動には矯正型インプラントスクリューやマウスピース型矯正装置「インビザライン」を使用することで、負担を抑えた処置が可能となります。

インビザライン矯正と歯の遠心移動は相性が良く、歯を抜かない矯正としてとても優れた方法と言えます。

IPR(ディスキング)による抜歯の回避

ディスキングの併用IPR(ディスキング)とは歯の側面側のエナメル質を削って、幅を小さくすることでスペースを確保する方法です。エナメル質は0.5㎜以下の切削であれば、歯の健康状態に支障がなく、虫歯や歯周病などのリスクを高める事もありません。また、微量の切削ですので麻酔なしでも痛みを感じることはありません。

IPRをインビザライン矯正と併用することで従来に比べ、難しい症例に対しても歯を抜かずに治療できる可能性が高くなりました。

インビザラインで治療可能な歯列不正について

マウスピース型矯正装置インビザラインは、部分矯正から全顎矯正まで幅広い歯列の矯正に対応しています。症例の程度にもよりますが、改善可能な歯並びの種類をご紹介します。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯

上顎の歯、もしくは顎が前方に出ている歯列です。お口が乾燥しやすく、虫歯・歯周病になりやすい傾向があります。

八重歯(叢生)

八重歯(叢生)

歯が重なって生えたり、歯列がバラバラな状態です。審美障害をはじめ、咬み合わせの不調和、虫歯リスクが高いことが特徴です。

すきっ歯(空隙歯列)

すきっ歯(空隙歯列)

歯と歯の間に隙間がある歯列です。食べ物が挟まりやすく、ケアがしづらいことが問題です。隙間から空気が漏れるため、発音にも支障が出ます。

咬み合わせが深い(過蓋咬合)

咬み合わせが深い(過蓋咬合)

上の歯の咬み合わせが深く、下の歯に覆いかぶさっている歯列です。下の前歯で上の歯茎が傷ついたり、歯が擦りやすいのが特徴です。

ポカン口(開咬)

ポカン口(開咬)

奥歯を咬み合わせた際に、前歯が正常に咬み合わず隙間が出来る状態です。咀嚼効率の低下から消化器官への負担が大きくなります。また、発音にも悪影響が及びます。

受け口(下顎前突)

受け口(下顎前突)

下顎の歯、もしくは顎が前方に出ている歯列です。審美障害をはじめ、咀嚼効率の低下による胃腸障害、発音障害などが問題となります。

西新宿でマウスピース型矯正装置での治療をご希望の方へ

マウスピース型矯正装置

西新宿にて審美性に配慮したマウスピース型矯正装置インビザラインでの治療をご希望の方は、当院までお気軽にご相談ください。当院では患者様の大切な歯の維持に力を入れており、出来るだけ歯を抜かない矯正治療を心がけております。また、快適な矯正治療実現のため、事前の無料矯正相談にて治療期間、費用など詳しくご説明いたしますので、歯列矯正をご検討中の方はぜひ、新宿KT歯科・矯正歯科までお越しください。

トップへ戻る