矯正治療と習癖について|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会所属の矯正歯科医在籍

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

矯正治療と習癖について

投稿日:2020年6月10日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!

新宿KT歯科・矯正歯科のブログをご覧頂きありがとうございます。

皆さんは子供の時に指しゃぶりや爪噛みなどされていましたか?

この習癖がずっと残っていると不正咬合の原因になって厄介だってご存じでしたか?

子供で前歯が生えてきて指しゃぶりをしている場合、出っ歯や開咬(奥歯を咬み合わせた時に前歯が咬み合ってない)の原因になります。

爪噛みをしている場合も出っ歯の原因になります。

また、舌の癖で舌ったらずのしゃべり方をしている方も要注意です。

舌癖と言って開咬や上下顎前突の原因になります。

そのため、早期に悪習癖を除去するためにトレーニングの必要があります。ですが、無意識でしている場合がほとんどのため、自覚して根気よくトレーニングをする必要があります。

不正咬合を矯正治療で治しても習癖が治っていないと後戻りをしてしまいます。

お子様やご自身など、お心当たりのある方は一度ご相談下さい!!

トップへ戻る