虫歯を放置してしまった|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

虫歯を放置してしまった

投稿日:2020年3月31日

カテゴリ:院長ブログ

こんにちは 新宿KT歯科・矯正歯科です。

虫歯を放置してしまう人の中には「削るときや麻酔のときの痛みが苦手」という理由で歯医者さんに行かない人や、進行した虫歯は治療の範囲が広くなるため「治療は痛いのではないか」と心配になってしまう人もいるようです。
しかし、近年では痛みに配慮し細い麻酔針を使い、刺すときの痛みが軽減されたり、電動注射器で圧力を一定にして麻酔薬を注入することで圧痛が軽減されたりします。
また、液体の麻酔を打つ前に歯茎に表面麻酔を塗り、麻酔針を刺す刺激すらも軽減しています。
当院では痛みが少ない治療を推進しています。
虫歯などで強い痛みを我慢して放置し続けると、そのうち痛みがおさまることがあります。
これは、虫歯が治ったわけではなく、神経が死んだため痛みを感じなくなってしまったことを意味します。
痛みがなくなっても虫歯は進行しています。
放置してしまうと、やがて歯根の奥深くまで進行し「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)」といった炎症が起こります。
歯の根の先に炎症が起こることで膿が溜まり、顎の骨が溶かされたり激しく痛んだり顔が腫れたり発熱したりします。
治療ができない状態まで放置する前に一度相談にきてください。

どんな状況であっても最善の治療を提供いたします。

トップへ戻る