ワイヤー矯正(ブラケット)とマウスピース矯正(インビザライン)の違い|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

ワイヤー矯正(ブラケット)とマウスピース矯正(インビザライン)の違い

投稿日:2020年1月27日

カテゴリ:スタッフブログ

こんばんは!新宿KT歯科・矯正歯科です。

 

今まで矯正装置の紹介を何度かさせていただきましたが、

今日は矯正相談で質問の多い、ワイヤー矯正(ブラケット)とマウスピース矯正(インビザライン)の違いについて書きたいと思います。

 

ワイヤー矯正(ブラケット)は昔からある、歯の一つ一つにつぶつぶの装置をつけ、そこにワイヤーを通してワイヤーの力で動かしていく治療です。

昔は銀色のつぶつぶ装置、銀色のワイヤーでいかにも矯正していますというような見た目でしたが、最近では前歯の部分は透明の装置が主流です。

当院ではさらにワイヤーも目立たないものを使用し、さらに目立ちにくくなっています。

リンガル(舌側)装置も取り扱っておりますので、仕事などの理由で表側にどうしても装置をつけられない方はこちらを選ばれることもあります。

 

対して、ここ最近よく宣伝されているのが、マウスピース矯正(インビザライン)です。

上下それぞれ透明のマウスピースを装着していただき、患者様自身でマウスピースを交換していただき歯を動かしていきます。透明なので、気づかれることはほぼないです。

(私自身も現在インビザラインにて治療中、同業者以外にバレたことはありません)

マウスピース矯正にも色々種類がありますが、当院ではインビザライン他、患者様の歯並びに合ったマウスピースを提案させていただいております。

 

 

 

では両者で何が違うのか?

特徴を挙げていきます。

 

ワイヤー矯正(ブラケット)

・固定式のため外せない

・逆に取り外しの手間がない、確実に治療が進む

・ワイヤーの調整で難しい歯の動きも可能、どんな歯並びも動かせる

・歯磨きが難しくなる(ワイヤー装置の周り)

 

マウスピース矯正(インビザライン)

・可撤式のため取り外せる

・逆に取り外せるため、使用しないと治療が滞る(後戻りもあるため、むしろ予定期間がのびる可能性も)

・特定の歯の動きは難しい(仕上がりに応じて5年間再治療可能、またワイヤーとの組み合わせで解決する)

・歯磨きはほぼいつも通りでOK

 

 

 

簡単に書いてしまいましたが、大きい特徴としては上記の通りです。

もちろん患者様の歯並びに合う装置を提案させていただきますが、どちらの装置も同じように適用可能な場合、患者様と相談して選んでいただくことがあります。

その時特にみなさん

迷われるのが固定式か可撤式かというところ。

 

 

私自身、中学生の時にワイヤー治療、現在マウスピース治療を行なっていますが、

 

ワイヤー治療では、歯磨きがうまくできなかった思い出。(衛生士さんに歯磨き練習してもらったのを覚えてます)

ですが、歯並びは治療に通いさえすれば確実に綺麗になっていきました。(大体月に一回来院していただき、ワイヤーの調整をします)

 

マウスピース治療では、会食などで装置の外している時間が長くなってしまう(食事中は取り外します)などなど、、、

ですが自分でどんどん進められるのは利点です。(患者さんには2−3ヶ月に一回来院していただき、適合のチェックを行います)

 

 

 

もっと細かい特徴もあるので、どの装置が患者様に合っているか、お話ししましょう!

ぜひご相談にいらしてください!

(相談は無料です)

トップへ戻る