インビザラインのクリンチェック(シュミレーション)|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

インビザラインのクリンチェック(シュミレーション)

投稿日:2020年2月25日

カテゴリ:未分類

 

 

本日はインビザライン(マウスピース矯正)のクリンチェックという歯の移動のシュミレーションをご紹介します!

患者様の精密印象(口腔内の型取り)を行い、シュミレーションを作ります。

ダイヤの数値(上画像では”.5”という数字)は歯を削る量。エナメル質の範囲内で最小限の量で設定します。

出っ歯を治す、がたがたを並べる手段として、スペース確保のために行われる手法の一つ。IPR、ディスキング、ストリッピングなどと呼ばれます。

 

歯にくっついている赤いつぶつぶはアタッチメントというタブのようなものです。歯の動きを良くします。

見みやすいように赤で表示されていますが、歯と同じ色のプラスチックで装着します。

 

画像下部の数字が書いてあるバーはマウスピースの枚数になります。

患者様の歯並びによって枚数が変わってきます。

 

インビザラインは7-10日ごとにご自身でマウスピースを交換していただき、治療を進めていただきます。

そのため、ワイヤー治療の場合は月に1回来院ですが、インビザライン治療の場合は2-3ヶ月に1度の来院となります。

 

(ワイヤー治療、マウスピース治療の装置の比較については過去のブログをご参照ください。)

 

 

新宿KT歯科・矯正歯科でキレイで健康な歯並びを手に入れませんか?

 

矯正相談は無料です!是非お気軽にお越しください。

 

トップへ戻る