小児矯正治療(Ⅰ期治療)について|新宿KT歯科・矯正歯科|西新宿駅すぐ

新型コロナウイルス対策について

一般歯科診療にも対応

キッズコーナー完備

マウスピース矯正(インビザライン)

ネット予約

日本矯正歯科学会認定医による矯正治療

03-5909-7087

東京都新宿区西新宿6-26-3

小児矯正治療(Ⅰ期治療)について

投稿日:2020年2月1日

カテゴリ:スタッフブログ

 新宿KT歯科矯正歯科のブログをご覧頂きありがとうございます。早速ですが、矯正治療には大きく分けて、小児矯正(Ⅰ期治療)と成人矯正(Ⅱ期治療)の二つに分けられます。本日は、小児矯正治療についてお話しします。子供の頃から矯正治療をやる意味があるのか、何のためにやるのかよくわからないといった方に小児矯正治療を受けるメリットについてお話しします。

小児矯正治療を受けるメリット

 1.永久歯を抜く可能性が低くなる

→Ⅱ期治療においては、永久歯を抜かなければならない場合もあります。しかしⅠ期治療でよりよい土台をつくっておくことにより、永久歯を抜く可能性を低くできます。

2.Ⅱ期治療が、より短期間で済むようになる
→永久歯がよりよい土台に生えてきますので、Ⅱ期治療が必要になったとしても、より簡単かつ短期間の治療で済ませることができます。また、矯正期間が終わってから起こりがちな「後戻り」の度合いも小さくなります。

3.虫歯や歯周病のリスクを減らせる
→歯列の状態をよくすることは、ブラッシングのしやすさにもつながるため、虫歯や歯周病のリスクが減ります。

4. 正しい噛み合わせが習慣になる
→子どもの時期に噛み合わせを正しく整えてあげると、あごや顔のバランスがよくなります。よく噛めれば胃腸にも負担をかけません(正常への誘導)。

5.コンプレックスの解消
→歯並びの問題は、審美面や発音のコンプレックスにつながることがあります。その原因を、矯正治療で減らしてあげられます。

以上です。当院は、小児矯正治療も行っておりますので、気軽にご相談下さい。

トップへ戻る